娘家族の引っ越しの手伝いや歯のかぶせが取れたりで中々出かけられませんでした。
最近行っていない神戸に行くついでに兵庫県立美術館でやっている「ベルギー奇想の系譜展」を見に行きました。

s1bizyutukan_20170531204412581.jpgs2bizyutukan_20170531204413800.jpg
阪神岩屋駅から海側に少し行けば屋根に派手なカエルの乗っている兵庫県立美術館が見えます。
ここは70歳以上鑑賞料金が半額になります。
大阪はこういう制度が余り無いのが残念です。
ユニークな絵が多く面白かったですがリトグラフは細かすぎて私の目では見づらかったです。

s3ura.jpg
海側からの美術館。

s4unga.jpg
運河?をタグボートが貨物船を引いているのも絵になります。

s5yama_2017053120441825d.jpg
神戸は海のそばから山が間近に見えて良いです。
三ノ宮までひと駅なので歩いてみましたがそこそこ距離が有りました。
長い間歩いていないのと引っ越しの手伝いで床に座って作業をしたり花壇の花を植えたりで股関節が少し痛かったので余計遠く感じただけかもしれません。

s6ikuta.jpg
東急ハンズを見て回って裏から出て生田神社に寄ってみました。

s7ikuta.jpgs7ikutanomori.jpg
生田の森内は少し涼しかったので東屋で少し休憩しましたがこの時期はもう蚊が出てきて余りゆっくリも出来ませんでした。
ガード下を少し元町方面に歩いて元町商店街を戻りました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

【2017/05/31 23:00】 | 散歩 トラックバック(0) |
体調ももう一つなので近場の一三峠まで行ってきました。
s1tyayaato_20170521152722fed.jpg 11:14
ハイキングコース入口に着いた時点で結構疲れていたので先が思いやられます。

s2mizunomi_201705211527235e3.jpg 11:38
何とか水呑地蔵到着。
まだ歩けそうなので一三峠芝生広場までもうひと登りです。

s3 13toge 12:12
日曜日なので芝生広場も賑やかでした。
管理道を六万寺谷コースまで行くつもりが縦走路のトンネルの所まで来てしまったので縦走路を戻ることにしました。
(管理道に行く分岐がヤブっぽくなっていて見落とした様です。)

s4kaneno.jpg 12:38
久しぶりの鐘の鳴る丘展望台。
鐘の鳴る丘展望台  (生駒縦走路) #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


鐘の鳴る丘展望台2  (生駒縦走路) #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



s5gunsei.jpg
小さな花も群生していると綺麗です。

s6tento.jpgs7annai_2017052115483560d.jpg 13:12
野外活動センターのテントはまだ張っていないので始まっていないようです。

s8rokumanzi.jpg 13:17
六万寺谷コースを下ります。

s9sida.jpg
滝のそばに大きなシダが沢山新芽を出していました。

s10kuti_20170521154839acf.jpg 13:41
コース入口到着。
このコースは家から一番近いので昔はよく登っていました。

歩きだしたら何とか歩けますが出かけるまでに気合がいります。


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村













【2017/05/21 16:16】 | 散歩 トラックバック(0) |
大鳥大社西から出て1本道で浜寺公園到着。

s10hamadera.jpg
昔、大阪市内から一番近い海水浴場でしたがその面影は有りません。

s11zitendya.jpg
結構広いので管理事務所で無料のレンタサイクルを借りて1周してみました。

s12kotuyuen_20170518140150a9d.jpg
南の方に交通遊園と言うのが有りました。
ゴーカート、子供汽車などが有ります。

s13d51_20170518140152aaa.jpg
そこに展示してあるD51。

s14tintin_20170518140153d33.jpgs15tintin.jpgs16tintin.jpg
懐かしいチンチン電車。

s17hamaderasuizi.jpg
浜寺水路。
昔、関空行き高速バスからよく見ていていつか来ようと思っていたのがやっと実現しました。

s18bara.jpgs19bara.jpg
自転車を返して今回の目的、バラ園に行きます。
ここはまだバラ園に入る手前の花壇ですが結構たくさんバラが咲いています。

s20baraen.jpgs20baraen_20170518142737539.jpgs30baraen.jpg
ここからばら庭園です。

s21baraen.jpgs22baraen.jpgs23baraen.jpg

s24baraen.jpgs25baraen.jpgs26baraen.jpg

s27baraen.jpgs28baraen.jpgs29baraen.jpg
量も多いですが種類もいっぱい有ります。
一見の価値有りです。

s31siren.jpg
南の庭園風の所には大きな池が有り睡蓮が沢山咲いていました。

s32barateien.jpgs33barateien.jpgs34barateien.jpg
段々畑風にバラが植えられています。
結構広いので歩いている内に足がだるくなって途中のベンチで何回か休憩しました。
体調があまり良くないですね。

南海浜寺公園駅から戻って難波をウロウロしないでまっすぐ帰りました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村



【2017/05/18 13:06】 | 散歩 トラックバック(0) |
浜寺公園のバラが見頃というのに合わして大鳥大社の御朱印を頂いてきました。

s1otori.jpg
JR鳳駅から線路に添って戻ります。

s2otoritaisya.jpgs3otoritaisya.jpg
町中とは思えない木の多さです。

s4otoritaisya.jpg
ここのくすのきも迫力があります。

s5otoritaisya.jpg
なかなか雰囲気の良い神社です。

s7otoritaisya.jpg
個性的な書体です。

s6otoritaisya.jpg
祭神の日本武尊の銅像が有りました。
西の門から出て浜寺公園を目指します。

浜寺公園 バラ園に続く・・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

【2017/05/17 22:23】 | 御朱印 トラックバック(0) |
体調ももう一つなので簡単に登れそうな山科区の鏡山に行ってきました。

s1yamazina.jpg
JR山科駅から出発です。

s2bisyamon.jpgs3bisyamon.jpgs4bisyamon.jpg
この辺りでは有名な毘沙門天に寄りました。

s5nanzenzi.jpg
毘沙門天から少し行くと大文字と南禅寺の分岐に出ます。
南禅寺方面の道を行きました。
GPSが道から外れて山頂方面を示す所まで行きましたが道が有りませんでした。
Touch25は住宅街を歩くのには役に立ちますが山手に入ると上手く案内しません。
使い方が悪いのかも知れません。

s6bunki_201705141713147bb.jpg
結局、毘沙門天まで戻って川の方に降りる細い道を行きました。

s7kuti_2017051417131685a.jpg
別荘地を抜けた所に山頂まで行けそうな道が有りました。
植林帯でどこでも歩けるので道が不鮮明になっています。
昨日の雨で枝打ちした枝や根っこが滑べる上に急登の砂地で疲れました。
上の方のシダが有る所から踏み跡も鮮明になりました。

s8kagamiyama.jpgs9kagamiyama.jpg
鏡山 257m 京都市山科区 地形図:京都東南部 (35,00,03.135,48,48.)

展望は有りませんが小広くなっていて新しいお社が有りました。
交野山移動のGVHさんにお声がけして山ラン終了。

s10annai_201705141713201b0.jpgs11minami_2017051417344306f.jpg
南の疎水方面に下りました。

s12kiiro.jpg
この道はしっかりしていて所々、木の幹に黄色いペンキを塗ってあるので分かりやすいです。

s13bunki_2017051417344593f.jpgs14gokokuzi.jpg
分岐には案内が有ります。
護国寺方面に下りました。

s15gokokuzi.jpgs16tuukoukinsi.jpg
護国寺到着。
獣避け扉だと思って開けて出てみたら通行禁止の看板でした。
お坊さんが丁度出掛けられる所でしたので何か言われるかなと会釈すると普通に会釈を返されました。
ハイキング道を歩く人には余り文句を言われないのかもしれませんが知っていてこの道は登りづらいですね。
北の方から登ってピストンで戻り南禅寺の方に抜けるのが面白そうです。

s17sosui.jpg
疎水横の遊歩道を少し歩いて戻りました。

s18tizu_20170514174148039.jpg
登りのログが上手くセーブ出来なかったので点線で手書きしました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



【2017/05/14 17:59】 | 山登り トラックバック(0) |