FC2ブログ
居間で使っている10年前のノートPCが少し挙動がおかしくなって来たので安いものを探していました。
目が悪くなってきているのでタッチパネルで簡単に拡大が出きるものを探しました。
レノボのタブレットPCが35000円程で良いかなとアマゾンで検索していたら性能的に似かよりの中華タブレットPCが出ていました。
ALLDOCUBE iwork10 Pro/i1002 2-in-1タブレットPC(キーボード付)、10.1インチ1920 x1200 IPSスクリーン、Windows 10+Android 5.1、Intel Atom X5 Z8350クアッドコア、4GB RAM、64GB ROM、USBタイプ-C、HDMI出力、ブラック  25,900円

値段が魅力的なので買ってみました。
s1tab.jpg
すっきりまとまっています。
重さは小さいわりに重いです。
私は持ち歩かないので問題ないです。

s2tab_20180910212430691.jpg
付属は英語の取説、充電器、USBケーブル(タイプC)、マイクロUSBへの変換ケーブルです。
初めスマホのUSBケーブルで充電してみましたがうまく出来ませんでした 。
付属の物で充電してみたら出来ましたのでタイプCは少し癖が有る様です。

s3tab_2018091021243270f.jpg
タブレットとキーボードは磁石でくっ付いています。

s4tab.jpg
スイッチを入れるとWindows10とアンドロイドOSを選ぶ画面が出てきます。
アンドロイドは5.1なので使うことは無いと思います。

s5tab.jpg
キーボードはEnterが小さい以外は普通に使えます。

s6tab.jpg
s7tab.jpg
画面はそこそこ綺麗です。

中華タブレットも大分精度が良くなって来たようで後は耐久性がどの程度かですね。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【2018/09/10 22:00】 | デジ物 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック